アーモンドミルクで無添加オーガニック砂糖不使用のおすすめ5つ

アーモンドミルク

アーモンドミルクは牛乳やココナッツミルクの代用にもなります。

ここでは、食品添加物不使用でオーガニック、砂糖不使用なアーモンドミルクを探してみました。

アーモンドミルクを体のために飲むのなら、添加物やお砂糖が大量に入ったものは避けたいですよね。

日本でネット購入できるものを探したところ、こちらの条件では5つだけしか見つかりませんでした。

この5つの安心なアーモンドミルクを、全部まとめて紹介します。

スポンサーリンク

無添加オーガニックのアーモンドミルク日本で購入可能な5つ

こちらで紹介する5つのアーモンドミルクはすべて、無添加で、さらにオーガニック栽培のアーモンドを使用されています。

お砂糖の使用もなしです。

すべて原材料をチェックしました。

原材料は基本的に、水、有機栽培アーモンド、この2つのみです。

ただし、自然の植物を成分として配合している製品も中にはありますので、それは記載しておきますね。

まずは、知名度と人気があり、筆者としてもオススメな商品から紹介します。

ブリッジ:オーガニックアーモンドドリンク


引用URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B08NG7717Z

「ブリッジ」社は、1994年創業のイタリアのシリアルドリンクの会社です。

原料に使われるお水は、海抜450mの場所に湧き上がる天然水だそうで、メーカーはこだわりをもって商品を作っているみたいですね。

このブリッジのパッケージ、見たことある人もいるのではないでしょうか?

日本でもわりと知名度があるんですよ。

[有機JAS取得]

【原材料】

Natural spring water
Organic Italian almond paste (6%)
May contain traces of other nuts

「他のナッツが混ざってるかもしれない」という記載がありますが、それ以外に余計なものは入っていなさそうです。

完全に無添加ですね!

もちろん砂糖不使用ですが、購入者の方の声をチェックすると、ほのかに自然な甘味があって十分に美味しく飲めるそうです。

購入者の方の感想。お味は?

★アーモンドのカプチーノを作るために購入し、泡立ちもきちんとあるし甘さとコクがあります

★牛乳の代用としてコーヒーに入れたりカフェオレを作ったりしています

コーヒーやカプチーノの入れる飲み方、すごく美味しそうですよね〜。

毎日使うのでまとめてケース買いしている人も、結構いるようです。

気になるお味は、甘味があって飲みやすくて美味しい!という声が複数ありましたよ。

お砂糖なしと聞くと、もしかして無調整豆乳みたいに飲みにくい味なのかな?と心配になるかもしれませんが、安心して飲めそうです。

価格は、1本200ミリあたり250円前後と、一般的には安くはないかもしれませんが、オーガニックとしてはこれくらいの価格でも納得です。

たくさん購入すると割安になるので、最安値を探してみて下さいね。

プロヴァメル:オーガニックアーモンドミルク


URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B001FFCSTA?tag=maftracking351650-22&linkCode=ure&creative=6339

こちらはヨーロッパでは有名なメーカーのようで、2010年からプラントベースドの飲料の専門へ切り替えたそうです。

原産国は、ベルギーです。

プロヴァメルはオーガニックの分野では人気があるので、ここで紹介しておきますが、実は「安定剤」が入っています。

[有機JAS取得]

【原材料】

有機アーモンド
食塩
安定剤(ジェランガム)

安定剤の「ジェランガム」って何?と思いますよね。

調べてみました。

『ジェランガム』とは?
グルコースなどを栄養源にスフィンゴモナス・エロディア(Pseudomonas elodea)という微生物を培養することで製造されます。発酵により産出した多糖類を分離・精製してジェランガムが作られます。

どうやら、天然の成分から作られた安定剤ということだそうです。

ただ、科学的な処理を加えているようなので、気になる人は気になるかもしれませんね。

ですが、化学的な成分ではなく、あえて植物性を使用しているあたりは健康に配慮をされているのではないかと感じます。

他に商品の説明として、こんな記載がありました▼

美味しくナチュラルな味
遺伝子組み換え作物不使用
動物性脂肪を含まない
飽和脂肪酸の割合が少ない
着色料、保存料、不使用
コレステロール ゼロ
大豆、ナッツ等のほうが、酪農に比べるとより少ない土地、より少ない水で生産できる。温室効果ガス排出量も少ない。
有機JAS取得
乳糖フリー

遺伝子組み換えでないこと、ヴィーガンでも飲めることが明確に記されています。

牛乳に比べてのナッツ類の環境への利点も書かれていて、こういう視点で作られた製品はいいな〜と、個人的に感じます。

購入者の方の感想。お味は?

プロヴァメルは、実はレビューがほとんど見つけられず味の想像がしにくいのですが、それでもわずかな声を参考にすると、ナッツ特有の油分を感じるという声や、甘くないという声があります。

なかでもわりと目立つのは、「サッパリしてる」という声でした。

甘さを求めず、コーヒーやココア、スムージーのベースに使うなど、混ぜて飲むのに向いているかもしれませんね。

EcoMil(エコミル):有機アーモンドミルクストレート


引用URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B0183BEA2G?tag=maftracking351650-22&linkCode=ure&creative=6339

エコミルのアーモンドミルクは、実は日本でもわりと流通しています。

こちらは原産国がスペインで、生産元のヌートリオプス社はこの分野ではヨーロッパで知名度のある会社なんですよ。

楽天やアマゾンのネット通販でも多くの購入者レビューがあり、とても人気があります。

特徴としては、安定剤が入っていないゆえ沈殿物がたまるそうで、振って混ぜてから飲んでいる人もいるみたいですよ。

振るときれいに混ざるので味には影響ないですし、安定剤が入っていない方が安心ですよね。

こちらはパウダーのタイプもあるので、日常的に飲みたい人には、かさばらず、ゴミも出ないのでおすすめ。

[有機JAS取得]

【原材料】

スポンサーリンク

有機アーモンド
有機タピオカスターチ
アーモンド香料

もしかしたら安全な天然成分かもしれませんが、「アーモンド香料」がすこし気になるところかなあ。

主原料が有機なだけに、ちょっとだけ残念です。

でもこのちょっとした風味があるおかげで、飲みやすくて美味しいという声があるのも事実。

「成分に厳密なこだわりはないし、美味しく飲めて大かたオーガニックなら大丈夫だよ」と考える人には、飲みやすいのでおすすめですよ。

購入者の方の感想。お味は?

エコミルを愛飲している人たちは、もともと日本の有名企業のアーモンドミルクを飲んでいた人たちが多いんです。

はたと、「コレって添加物が多く入りすぎじゃないの?」と気づいて乗り換えたとパターンが目立ちます。

確かに、日本のスーパーで手軽に買える日本製の飲み物って、添加物入りがほとんどなんですよね。

さてお味ですが、アーモンド感がある香りがしっかりするようで、飲みやすいという声もあります。

一方、飲みにくという声もあり、これは日本の添加物が多いアーモンドミルクに慣れているとそう感じるのかもしれません。

でも逆に、慣れるとどんどん美味しく感じてくる、という声が複数あるんですよ。

ちょっと不思議ですが、最初は飲みにくく、続けて飲んでいるとどんどんハマっていくパターンがあるようです。

Alinor:NATURAL DRINK VITASI(ビタシ)


引用URL:https://item.rakuten.co.jp/magimaguu/8000215204561-1/

こちらはイタリア産です。

【原材料】

有機アーモンド
有機米スターチ
有機エンドウ豆蛋白

すべて有機で、余計なものが一切入れないことを徹底しています。

レビューが少なく、正直に言うと味の想像がつきにくいのですが、原材料は間違いなく安心。

開拓して自分好みのアーモンドミルクを見つけたい!という人は、ぜひトライしてみて下さい。

飲んでみて味が気に入れば、すべて有機原料であるので、安心して毎日でも飲めるお気に入りになるはず。

筑波乳業 無添加濃いアーモンドミルク

引用URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B07W5YL47Z

最後は日本のメーカーです。

原材料がとってもシンプルで、安心。

安心や安全を求める人には、これが何より大切ですよね。

原材料名:アーモンド(アメリカ)

日本製のアーモンドミルクは、添加物が入ったものばかりが目立つのですが、そのなかで筑波乳業のこちらの製品は、貴重な無添加です。

オーガニックかは分かりませんが、無添加なことが筆者的にはとても安心感があります。

お味の方は、飲み慣れた砂糖や添加物が入っているものとは違ってやや独特感があるようですが、それは無添加の証でもあります。

味がついていないので、アレンジして飲む楽しみもありますね。

国内生産という信頼感があり、さらに完全に無添加というのはかなり魅力的で、オススメです。

この記事のまとめ

ここで5つの無添加およびオーガニックのアーモンドミルクを紹介してきました。

どれもそれぞれ良さがあり、おすすめするファンの人たちもいて魅力的でした。

でもあえてこの中で筆者のおすすめを1つ選ぶとすると、筑波乳業の「無添加濃いアーモンドミルク」です。

無添加なのに味が濃いというのは嬉しいです。

それに、国産であることもポイント。

輸送コストも抑えられるので環境に優しいし、人気が出れば日本でも無添加やオーガニック商品を作ろうという企業が増えてくれるかもしれない、なんて筆者は考えています。

気になったアーモンドミルクがあれば、ぜひ試してみて下さいね。

▼関連記事▼

ココナッツミルクの代わりに使える17コの食品リスト

スポンサーリンク
この記事を書いた人
サラ

サラです。30代、一人暮らしです。
旅と英語、キャンプ、食べること、美容が好きです。
フリーで仕事しながらブログ書いています。
ここ数年気になるのは、家畜動物の幸せと、エシカルといわれる地球環境のこと。
お肉を食べることについて考え中で、食事は今ペスカトリアン、フレキシタリアン、セミベジタリアン等の呼び方に近い菜食中心のスタイルにしてます。
2022年は英語力をブラッシュアップしたり、お野菜中心の美味しい食事をたくさん作ったりして、時に寂しい一人暮らしも楽しみたいです。
海外旅行にもまた沢山いく予定。

サラをフォローする
アーモンドミルク
サラをフォローする
saraのセミベジタリアンLife

コメント

タイトルとURLをコピーしました